古典

簡単に解説!孟子の性善説と荀子の性悪説とは

今回は孟子の性善説と荀子の性悪説について紹介していきます。

参考にさせていただいたのはこちらの本です。

人は生まれながらに善とした孟子と生まれながらに悪だと説いた荀子という人物がいました。2人の考えた思想と意外な共通点について紹介をしていきましょう。

孟子の性善説

人間はみんな善に向かう素質を持っている。と説いたのが孟子の性善説です。

誰でも1度は、他人の悲運に涙を流したことがあるに違いない。

ああ、かわいそうだなと思ったことがあるとすれば、その気持ちこそが善の芽なのです。

孟子はこんな例を出して、人間にはみんな善の芽が備わっていると証明しようとしました。

ヨチヨチ歩きの子供が井戸に落ちそうになっているところを見たら、何の打算もなしに、誰でもハッとして助けなければならないと思うはずだ。と、この助けねばいけないという気持ちこそが善だと孟子は言いました。

人間には善の芽が備わっているだけでなく、悪を恥じむ心、人に譲ろうとする心、善と悪を見分ける心が備わっていると孟子は言います。

にも関わらず現実の世界は善に満ちておらず、むしろ逆である。それは人間の善なる素質が何かに邪魔をされて、育つことができていないからだと。

人間は本来ある善の芽を育てることが大事だとしました。

人間は学ぶことで本来持っている善の芽を育てることができるということです。

荀子の性悪説

荀子は孟子の性善説とは逆で、人は生まれながらに悪であるという性悪説を提唱していました。

人間は生まれた時から見る、聞く、食べるといった欲望が備わっているからです。

この人間の欲望には限界はない。人間は本来自足することを知らないのです。

もし人間がみんな欲望のまま行動していたとしたら、社会を構成する事は出来なくなるでしょう。

ところが人間は社会を構成しなければ生存できない生き物です。だから必要な事は人間の欲望を制御する必要があるという事です。

欲望は個人的に制御することも必要ですが、社会全体としても調整sる必要があるとしました。

人間の欲望は本来的に暴走する性質を持っている。それこそが荀子が解いた悪である。

しかし荀子はそれを調整することができるとしました。

それは学ぶことにより欲望を矯正する事ができるとしました。

荀子の弟子に漫画キングダムで登場する李斯や法家思想で有名な韓非子がいたと言われています。

韓非子とは?リーダーに求められる教科書 おすすめの入門本も紹介韓非子(読み方かんぴし)は中国の春秋戦国時代(漫画キングダムの舞台にもなっている時代)に当時でいう君主(国の王)に求められた国を治める為...

性善説と性悪説を比較

孟子は人間の本性は善と説き、荀子は悪だと説きました。

両者の隔たりは大きく見えるが、共通する点も実は多いのです。

孟子の善なる本性を阻害することなく育てよとする教育論と、荀子の悪なる本性を矯正せよとする教育論とは、人間に教育は不可欠とする点では共通です。

両者とも人間は学ぶとこで変わることができるということです。よって未来の事を両者は説いていたのです。

なので、生まれながらに善であるとか悪であるという議論にほとんど意味をなさないでしょう。

善であっても育てることで人間は善を実現できるし、悪であっても矯正することで善を実現できるからです。

両者とも人間は生まれた時から可能性を秘めており、学ぶことで何者にでもなれると説いたのは大きな共通点です。

一見、比較をしてみると両者で矛盾していると思いきや、最終的な目的は同じだというわけです。

【まとめ】これを見れば中国古典が簡単に分かる!オススメの本も紹介!!中国の古典とは、変化の激しい時代を生きるための人間学と言ってもよいでしょう。 それは、骨太い知性としなやかな感性を磨き、豊かな表現力を...

最後に

今回は性善説と性悪説について紹介しました。

人間の本質は善であろうが悪であろうとも、教育をすることで善になれるというわけですね。