読むコツ

知らないと損!!ビジネス書・自己啓発本を読んで忘れない3つのコツ

ビジネス書・自己啓発本を読んで内容を忘れない3つのコツを紹介していきます( ^ω^ )

知らないと損!!ビジネス書・自己啓発本を読んで忘れない3つのコツ

アナタは読書をしていますか?

答えが「イエス!」なら続きをご覧ください。

本を読んでも記録に定着しないと、意味がないというかもったいないですよね。

ベストセラーになった嫌われる勇気を読んだ方もいると思います。

読んだ事がある方に、質問です。

どんな内容でしたか??

多分、ほとんどの人が読んだけど内容は・・・と思い出せないと思います。

 

読んだ本の記録を定着させる為に3つのコツを紹介していきます。

読む前・読んでいる時・読んだ後に1つ1つのコツがあります!

では、早速紹介していきます。

本当に読んで良かったビジネス書のまとめ記事も書いています。

社会人は読んでおくべき!?おすすめのビジネス書とは

その① 読む前にする事

目次を見て、どんな本なのか想像をしてみる

読んだ本を記録に定着させて自分の知識とする為には、まずは目的を持って本を読む事が大事です。

ただ、読んだ事がない本を予測するのは、至難の技ですよね。

そこで!目次を見てクイズだと思って予測をする事がポイントです。

冒頭で紹介した「嫌われる勇気」の目次を見て見ましょう!

・トラウマは存在しない

→トラウマは存在しないって事は忘れる事が出来るって事かな?

・お前の顔を気にしているのはお前だけ

→周りの人間は自分の事なんて対して気にしないという事かな?

・あなたは世界の中心ではない

→自己中心で生きていく事はダメって事かな?

・ダンスするように生きる

→ん!?楽しく生きろって事かな?

こんな感じで目次を読んで自分で想像してみましょう!

ここで、予測を当てる事が重要でなくむしろ外れた方が良いのです。

理由は自分が、予測した事が外れたという事は想定外の事が起きたという事で記録に定着する事になります。

その② 読んでいる時にする事

「へー!」となった時に必ずメモをとる。

人間は、自分が実体験したことや、生きるためにすることはすぐに脳に記憶する事ができます。

よって、本で得る疑似体験は脳に記録として残りずらいという事です。

「へー!」と思った時に自分の言葉で、その場でメモを取りましょう。

勿論スマホでも構いません。

感情と記憶を結びつける事が重要ですので、感想&感動を混ぜたメモを取る様に意識していきましょう!

その③ 読んだ後にする事

最後に「へー!」と思ってメモした内容を読み返してみましょう。

要は、メモを見ながら復習をする事です。

人に教えると記録に残ると言われてますが、自分で書いた事を自分に感想を伝えるイメージですね。

最終的に人に、本の内容や感想を伝えられる様になっていれば記録が定着していると思っていただいて間違いありません。

最後に

何度も読み返す方も居ると思いますが、ぼくは自己成長の為に本を読むようにして上記の3点を意識しています。

読んだ後に自分の取ったメモを見て、どのような内容になっていたか思い出す事が特に重要だと感じています。

いわゆる、アウトプットになるという事ですね。

是非、3つのコツを意識して読書をしてみては如何ですか??

紹介した書籍です。

 

本当に読んで良かったビジネス書まとめはこちら

社会人は読んでおくべき!?おすすめのビジネス書とは