書評

【ネタバレなし・あらすじ】ルビンの壺が割れた 読書感想

今回、宿野かほるさんの小説『ルビンの壺が割れた』をネタバレなしであらすじを紹介していきましょう。

この小説は1時間弱の時間で一気に読めてしまう作品です。ただ、衝撃な結末でSNSでもかなり話題になっている作品です。

ルビンの壺というタイトルの通り、ルビンの壺というのは目の錯覚で見方が変われば『壺』にでも『男女』にも見えてしまう絵の事ですね。これはタイトルの通りの作品でした。

ルビンの壺

ネタバレなしで、あらすじを紹介していきましょう。

ルビンの壺が割れた あらすじ

「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」──送信した相手は、かつての恋人。フェイスブックで偶然発見した女性は、大学の演劇部で出会い、二十八年前、結婚を約束した人だった。やがて二人の間でぎこちないやりとりがはじまるが、それは徐々に変容を見せ始め……。先の読めない展開、待ち受ける驚きのラスト。前代未聞の読書体験で話題を呼んだ、衝撃の問題作!

このルビンの壺が割れたの登場人物は2人だけです。結城美帆子(ゆうきみほこ)と水谷一馬(みずたにかずま)という2名の人物です。この2人がメール(フェイスブックのダイレクトメール)のやり取りだけ物語が始まり、終わります。過去に出会った人たちはメールの中で出てきます。

メールを送りあっている内容から、徐々にお互いは過去に付き合っていて結婚まで予定していました。ただ結婚式の当日に美帆子は式場に来なかった。それを一馬は30年経った今でも悔やんでいて仕方がないという内容から純愛小説のように物語が進んでいき・・・

ルビンの壺が割れた 感想

先が気になってページが進んでいきます。

衝撃的な結末に驚きが隠せなかったです。ちなみに内容は本当に読みやすくて1時間ほどで全部読み切ってしまいました。読書があまり得意でない方でも、内容はメールのやり取りで進んで行くので入りやすく、すぐに読めてしまうでしょう。

美帆子の立場と一馬の立場で、同じ事実に対して立場によって全く考え方が違うという事ですね。タイトルの通り、見方1つで現象に対する感じ方が違うということですね。

最後のページで一気に結末がひっくり返る様な内容になっているので決して最後のページは見ない様にお願いします。

オチを言ってしまうと、この本を読む意味がなくなってしまうので今回の記事では一切書かないでおきます。

気になる方は是非、本書を手に取って下さいね。

 

本を読むべきか!?読書のメリット・デメリットを紹介本を全く読んでいない方へ本を読みましょう。 本を読む事で、自分の知識が増え理解力や読解力の能力が高まっていきます。 今回は本...

純粋な恋愛小説を読みたい方へ

【まとめ】30代独身サラリーマンが泣ける恋愛小説のあらすじと感想皆さん、こんばんは! 30代独身で彼女もいない!泣サラリーマンブロガーのべべくん@bebekun999 です。 今回そんな僕が、...