おすすめ本まとめ

読んだことありますか!?あなたにぴったりのビジネス書を紹介

30代サラリーマンブロガーのべべくん@bebekun999 です。

べべくん
べべくん
今回は、ぼくが読んで本当に役に立ったビジネス書を紹介していきます。

紹介するビジネス書毎に、『こんなアナタにおすすめですよ!』と分かるようにしていますので参考にしてみてくださいね^_^

全国大学生協連(東京)は2018年2月の調査で大学生が1日の読書時間が0分と回答した割合が53%だったそうです。を読むだけで上位に入れるって凄くないですか?

読んだことありますか!?あなたにぴったりのビジネス書を紹介

こんな言葉があります。

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶー。」

自分の経験だけで生きるよりも様々な本に出会い、人に会う事で人間として成長していくという事でしょう。

仕事に追われて忙しい中で、手に取った本を読んでみたけど、あまり役に立たなかったな・・・という経験があると思います。絶対に読むべきビジネス書しか紹介していません!

読んだことありますか!?あなたにぴったりのビジネス書を紹介

  1. 学問のすすめ
  2. 人を動かす
  3. 世界一やさしい問題解決の授業
  4. 無印良品は、仕組みが9割
  5. 伝え方が9割
  6. 嫌われる勇気
  7. 学びを結果に変えるアウトプット
  8. メモの魔力
  9. 論語
  10. 孫子の兵法
  11. 韓非子
  12. ドリルを売るなら穴を売れ
  13. 売れるもマーケ当たるもマーケ
  14. 0秒で動け

学問のすすめ

福沢諭吉著

学ぶことが、どれほど大切かを知った。

こんなアナタにおすすめ

なにを学ぶべきか分からない

自分の将来が不安

将来の目標が明確になっていない

おすすめポイント

人生で学ぶ大切さを教えてくれる本です。著者福沢諭吉の時代は、明治初頭でアメリカや英国に対して日本という国が自立していけるかの瀬戸際でした。そんな中、福沢諭吉は国民全員が学ぶことにより自立する事で結果として日本という国が自立していくと説いています。

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」の有名な言葉は、この学問のすすめからきています。実は、このあとに続きがあります。生まれた時には差はないけれども、生きていくなかで学問を学ぶか学ばないかで差が生まれてくるということです。

「学問は箸を突きながらでも学べる」という。時間がないから勉強できないと言い訳は出来ないよ。ということでしょう。

絶対に読むべき本!名著 【福澤諭吉・学問のすすめ】を要約して紹介「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずー。」 の有名なフレーズで始まるのは福沢諭吉の学問のすすめです。 実は、この後に...

人を動かす

 

D・カーネギー著

人として生きるうえで大切なことが分かった。

こんなアナタにおすすめ

人付き合いや仕事の人間関係で悩んでる

人に感動を与えたい

周りの人と良好な関係を築きたい

おすすめポイント

人付き合いの極意が、この一冊に詰まっています。

人を動かすというタイトルなので、人に指示をして動かす様な印象がありますが全く違います!相手の立場に立って行動する為には、何が必要になってくるのか?

例えば、相手の名前を覚える。会社は大きくなるほど冷たくなっていくと指摘している。冷たい会社をあたたかくするには人の名前を覚える事である。なぜなら、人間は自分の名前に非常に誇りを持っているからです。

名前を覚える。笑顔を忘れない。そんな内容が書かれていますが実は実践している人って結構少ないんですよね。

50年以上前に書かれた本ですが今でも世界中の多くの方の愛読書になっています。

世界一やさしい問題解決の授業

渡辺健介著

問題を解決する方法はシンプルに考える事だと分かった。

こんなアナタにおすすめ

難しい本は読みたくない

目の前の問題の解決方法が分からない

問題の本質を見つけられる

おすすめポイント

世界最高峰のコンサルティング会社のマッキンゼーで学んだ著者が問題解決の考え方を中高生にも分かるように解説してくれています。問題解決は、持って生まれた才能ではなくて癖であると言っています。考える癖を身につければ問題解決を行えるということです。大きな問題も難しい問題も小さく分ける事で原因が見つかる。

【要約・書評】世界一やさしい問題解決の授業 渡辺健介世界一やさしい問題解決の授業とは、世界最高峰のコンサルティング会社マッキンゼーで学んだ問題解決の考え方を中高生にもわかるように解説してい...

無印良品は、仕組みが9割

良品計画会長 松井 忠恕著

仕事の仕組みづくりがどれほど大切かを教えてくれる。

こんなアナタにおすすめ

仕事に対してマンネリ化してしまった、モチベーションが上がらない人に向いています。誰かが居ないと出来ないのではなく誰がやっても出来るようにする仕組みやマニュアル作りの大切さが書いてあります。

おすすめポイント

仕事は、シンプルにやりなさい。

赤字38億円の良品計画(無印良品)でV字回復を実現した経営者自らが秘密を公開している本です。タイトルの通り仕組みはマニュアル化する事であり、自分が今行っている仕事をマニュアル化する事で、改善を早い段階で行う事が出来ます。具体的な事例を元に説明をして下さっているので読みやすく、おすすめの一冊です。

本書を参考に関連記事も書いています。

仕事ができない人は知らない!仕事の効率化・ミスを無くすたった1つの方法30代サラリーマンブロガーのべべくん@bebekun999 です! 仕事に役立つ記事を書いています!! 毎日、同じ仕事をしている...

伝え方が9割

佐々木 圭一著

伝え方1つで結果が変わる事を知った。

こんなアナタにおすすめ

相手にうまく自分の気持ちが伝わらない

イエスを言わせるテクニックを学びたい

おすすめポイント

伝え方の技法が分かりやすく解説してあります。「ノー」を「イエス」に変える技術だったり、強い言葉を作る技術を紹介しています。続編の『伝え方が9割②』というのも発行されていますのでコチラもかなりオススメです!

分かりやすく解説していますので一気に読めてしまいます。

嫌われる勇気

岸見 一郎・古賀 史健著

人に合わせた生き方を止めようと思った。

心理学の3大巨頭と称される「アルフレッド・アドラー」の思想を青年と哲人の対話篇という物語形式を用いておりスラスラ読めます。

こんなアナタにおすすめ

人付き合いに不満がある方

周りの人が自分のことをどう思っているのか気にしてしまう

おすすめポイント

周りの人に影響をされない生き方を学べる一冊です。人の評価を意識して働いていても意味がありません。だって、人は変えられないですから。自分を変える事が大事であり、いちいち他人の評価を気にしている事が無駄だという事が分かりました。

考え方が変わる1冊です。

学びを結果に変えるアウトプット大全

 

樺沢 紫苑著

アウトプットが如何に大事か分かった。

こんなアナタにおすすめ

スキルアップ・キャリアアップをしたいけど、うまくできない

アウトプットの方法が知りたい

おすすめポイント

スキルアップの為の勉強法を学べます。抽象的でなく具体的に教えてくれます。タイトルはアウトプット大全となっていますが、インプット&アウトプットの方法を教えてくれる本です。

本書ではアウトプット3割・インプット7割の時間で行うことが良しとされています。例えば、本を読み続けて(インプット)もアウトプット(誰かに話すなど)しなければ知識として活用できないと書かれています。

いかに、アウトプットが大事かを教えてくれる本です。

メモの魔力

前田 裕二著

メモで行動が変わる 

こんなアナタにおすすめ

アイデアが浮かんでこない

自分のやりたい事が見つからない

生産性の上がるメモが書ける

おすすめポイント

メモの魔力というタイトル通り、メモについて書かれている本です。メモというと記録を残す目的として行うことをイメージされる方もいますが、本書では生産性の上がるメモの取り方を解説しています。

3段階のメモの取り方で、まずは事実(ファクト)を書いた後に抽象的にその事実をメモしてみる。そうすることで事実に対しての転用化ができるということです。具体的な事例や実際に著者の前田さんのメモした内容も掲載されていて良本でした。

アイデアが浮かばない人にはぜひ読んでいただきたい1冊です。

メモの魔力 前田裕二著 感想・考察・ポイントを解説今回は、SHOWROOM社長【前田裕二】さんの書籍【メモの魔力】について感想と考察、ポイントを解説していきます。 ...

論語

佐久協 監修

人間に必要な哲学を学べる 

こんなアナタにおすすめ

哲学を学びたい

論語に興味あるけど、どの本にして良いか分からない

おすすめポイント

言わずと知れた『論語』です。その中でも特に簡単に解説されている本です。論語とは中国春秋戦国時代に孔子という人物が弟子に哲学を教えていました。その教えを孔子なき後に弟子がまとめた書物です。人の根幹である考え方が学べる最強の哲学書です。

様々な論語の本が出版されていますが、今回貼り付けた本は入門書です。簡単に解説をしてくれています。

論語とは?孔子という人物とは?最近、古典について学んでいます。 そこで、論語について学んだことを記事にしていきたいと思います。 論語読みの論語知らずになら...
論語とは 仕事に役立つ 心に響く名言 簡単に解説古典について学ぶ その2 今回は、論語から仕事に役立つ心に響く名言を簡単に解説していきたいと思います。 そもそも論語とは? ...

孫子の兵法

 

孫武(孫子)・許成準訳

戦わない事が最高の戦略であると知った。

こんなアナタにおすすめ

仕事の戦略の立て方が分かる

ライバルを突き放したい

おすすめポイント

奥が深いです。

2000年も前から受け継がれて現在でも多くの方の愛読書となっているのは納得がいきますね。

戦い方が書いてありますが、極意は「戦わずして勝つ」です。孫子の兵法は『兵は国の大事なり』という内容から始まります。これは戦争をはじめる前に慎重になれという事を勧めています。なぜなら戦争には人の生死、国家の存亡がかかっているからです。

よって戦わない事が最前の方法だという事です。

現在のビジネスパーソンの愛読書にもなっている納得の1冊です。

孫子の兵法とは 孫武とは?最近、古典について学んでいます。 そこで、孫子の兵法について学んだことを記事にしていきたいと思います。 学んだ事をアウトプッ...

韓非子

組織を統治する為に必要な考え方を学んだ 

こんなアナタにおすすめ

組織・チームを統治する為に必要な考えを学べる

ルール作りに必要な考え方を学べる

中国の古典に興味がある

おすすめポイント

この本は中国春秋戦国時代にいた韓非子という人物が残した書物です。中国春秋時代と言えば今から2000年以上前のことです。そんな古い本が本当に今の時代の会社のルール作りに役に立つのか。答えは役に立ちます。だからこそ2000年以上前の書物が現在まで受け継がれているのです。

韓非子は法による厳格な支配を主張する法家思想を持つ人物でした。法で人民を支配する為に人は生まれながらに悪であるという性悪説の考えを本に法(ルール)を作るべきだとしています。始皇帝となった人物に「この作品の作者に会って話し合えるならば死んでも構わない。」とまで言わせた書物です。

韓非子とは?リーダーに求められる教科書 おすすめの入門本も紹介韓非子(読み方かんぴし)は中国の春秋戦国時代(漫画キングダムの舞台にもなっている時代)に当時でいう君主(国の王)に求められた国を治める為...

ドリルを売るには穴を売れ

顧客はモノでは無く、価値を買っている 

こんなアナタにおすすめ

マーケティングに興味がある

マーケティングの基礎を知りたい

マーケティングの仕事をしている

おすすめポイント

本書のタイトルの通り、お客は「穴」という価値を得るための手段として「ドリル」を買っているということです。よって目的は穴を掘ることであり手段であるドリルに価値があるわけではないという事です。マーケティングの本質が学べます。

お客は価値に対してモノを買うので、価値の本質を見極められないとマーケティングの成功はないということです。

書評 【ドリルを売るには穴を売れ】おすすめマーケティング入門書 そんなあなたの為に今回、記事を書きました。 マーケティングについて学びたいけど、どうして良いのか分からないあなたへ。まずは、【...

売れるもマーケ 当たるもマーケ マーケティング22の法則

始める事よりも止める事を知った。
こんなアナタにおすすめ

マーケティングの仕事をしている

マーケティングに興味がある

価値のあるサービスを提供したい

おすすめポイント

マーケティングの役に立つ22の法則を具体的な事例をもとに紹介されています。20年以上前の本ですが違和感なく読めます。始める事よりも止める事が大事だという法則がありました。人はどうしても現在、行なっている事業やサービスを止める事に抵抗があるものです。マーケティングの方法として止める勇気も大事だという事です。

マーケティングの法則を知る「売れるもマーケ当たるもマーケ マーケティング22の法則」書評要約こんばんは。 30代サラリーマンブロガーのべべくん@bebekun999 です。 仕事に役立つ本を読みブログで紹介をしていま...

0秒で動け

行動力の大切さを知った。 

こんなアナタにおすすめ

行動が全くできない

他人が気になって意見を言えない

自分の存在感が出せない

おすすめポイント

本書のタイトル通り『0秒』で動ける行動力を得られるための方法が書かれています。まずは結論を出して行動をすることが大事だといわれています。よくやりがちな事は最後の木曜やゴールを設定しないままに作業や仕事をはじめてしまって、「最終的に何が言いたいの?」と自分も分からなくなってしまうことですね。

行動力を必要としているあなたの是非、おすすめしたい1冊です!

『0秒で動け』分かっているけど動けないあなたへ 書評・感想今回紹介する本は伊藤洋一さんの『0秒で動け』です。 「納得するまで考える時間がない」とか、「気合いだけでは動けない」とか思ってしま...

最後に

社会人のぼくが読んで本当に良かったビジネス書を紹介させていただきました。

アナタもぜひビジネス書を手に取ってみては、いかがでしょうか。