書評

書評 【人を操る禁断の文章術】あなたも人の心を動かす文章が書ける

読者
読者
DaiGoの人を操る禁断の文章術ってどんな本なの?

文章をうまく書く為にはどうすればいいの?

LINEやメール返信のテクニックがあれば知りたい

そんなあなたの為に今回記事を書きました。

今回の書評はDaiGOさんの【人を操る禁断の文章術】です。この本には色々な文章を書く機会に活用できる禁断の文章術が紹介されています。メールや企画書、ラインでも使える最終兵器が分かりやすく具体的に書かれていました。

本記事の内容

  1. DaiGo 人を操る禁断の文章術とは
  2. 文章をうまく書くテクニックが満載
  3. LINEやメールでも使える禁断の術を紹介

本書の目的は、相手を思うがままに行動させたい人の為に書かれた本です。学校で教えられた様な【て・に・を・は】などの文章の形式を学ぶ様な本ではありません。相手の心を動かす文章のコツが書かれていました。

 

DaiGo 人を操る禁断の文章術とは

その名の通り文章で人を操る術が紹介されています。

最初の冒頭から『あなたの思う、世界最高の美女は?』という質問から始まります。この一行を読んだ時にどんな顔を思い浮かべたでしょうか。素直に答えてみましょう。

多分、全員が違うイメージを膨らませた事でしょう。これこそが、まさしく本書でDaiGOさんが文章の持っている力だといっています。ある言葉を見る事で人は過去に起きた経験や出来事を想像します。これが写真が見るのとの絶対的な違いだという事です。

文章をうまく書くテクニックが満載

本書では文章をうまく書くコツとして3点が挙げられています。

文章をうまく書くコツ

  1. あれこれ書かない
  2. キレイに書かない
  3. 自分で書かない

という事が紹介されています。キレイに書かないって?と思うかたも多いと思います。要はこの3つのコツを意識して書く事で、相手にただ伝わる文章を書けるだけでなく、相手の心の奥の感情を揺さぶれる文章を書けるという事です。形式だったキレイな文章では言葉の持つ意味だけは伝わるだけで、相手の感情には全く響かないという事ですね。

LINEやメールでも使える禁断の術を紹介

全ての文章を使う時に使える禁断の術を紹介してくれています。

その名も【7つのトリガー】です。

【7つのトリガー】

  1. 興味
  2. 本音と建前
  3. 悩み
  4. ソン・トク
  5. みんな一緒
  6. 認められたい
  7. あなただけ

どうでしょう。実際自分に当てはめてみましょう。例えば③の悩みについては、自分の今悩んでいる事が目の前のポスターの広告に貼ってあったら気になりますよね。実は人間の求めている潜在的に悩んでいる事はは大きく分けてしまえば4つだといっています。それは【HARM】と言われています。

【HARM】

Health 健康、美容

Ambition 夢、将来、キャリア

Relation 人間関係、結婚、恋人、会社

Money お金

どうでしょう。大半の人は、この中のどれかで悩んでいるでしょう。ぼくも健康(最近太った)に悩んでいます・・・この心理を使って、広告の大半はあなたの目を惹かせる様な文章を使っているという事でしょう。

⑦のあなただけという文章の作り方も強いですよね。「明日の飲み会必ず来てくださいね!」よりも「明日の飲み会、〇〇さんが来てくれないと始まらないので絶対来てくださいね!」の方が、行きたいという気持ちが高まりますよね。

今回は7つのトリガーのうちの特に印象に残った2つの事例を紹介させていただきました。

ぜひ、気になった方は本書を手にとって読んでみてくださいね。

 

『まとめ』30代サラリーマンがあなたにぴったりのビジネス書を紹介します。30代サラリーマンブロガーのべべくん@bebekun999 です。 紹介するビジネス書毎に、『こんなアナタにおすすめですよ...

 

知らないと損!!ビジネス書・自己啓発本を読んで忘れない3つのコツビジネス書・自己啓発本を読んで内容を忘れない3つのコツを紹介していきます( ^ω^ ) 知らないと損!!ビジネス書・自己啓発本を読...