書評

書評 【ドリルを売るには穴を売れ】おすすめマーケティング入門書

マーケティングについて学びたいんだけどどうすればいいの?

マーケティングの入門書で分かりやすい本があれば教えて欲しい

そんなあなたの為に今回、記事を書きました。

マーケティングについて学びたいけど、どうして良いのか分からないあなたへ。まずは、【ドリルを売るには穴を売れ】の本を読みましょう。マーケティング入門書であり分かりやすくマーケティングの内容が書かれていました。

お客様は、モノではなく価値を買っている。

本記事の内容

  1. マーケティング入門書 ドリルを売るには穴を売れとは?
  2. 物語でマーケティングの基本が学べる
  3. マーケティングの根本が分かる

 

マーケティング入門書 ドリルを売るには穴を売れとは?

誰でも「売れる人」になるマーケティング入門書のキャッチコピーで大人気となったマーケティング初心者でも基本が学べる佐藤良典さんの書籍です。あなたが最新買った商品は何ですか?思い出してみましょう。

で、なんでそれを買ったんですか?

これこそ、まさにマーケティングであると言っています。何故なら、アナタは数を多くある商品の中から、それを選択したからです。買う側と売る側が存在する事でマーケティングは成立していてアナタの買い物そのものがマーケティングです。

何故、アナタはその商品を選んだのかの理由についても分かりやすく解説がされています。

物語でマーケティングの基本が学べる

本書ではマーケティングの基礎を学びながら、マーケティングの基礎を実際にどの様に活かしていくのか?が物語を挟んで紹介してくれています。

これは、かなり分かりやすい。なるほど。と思いましたね。実際に言葉で理解した感覚になっても、それを実際に自分で活かしていけるかというと違う話になりますよね。そこで物語を挟む事で、実際にこんな時に役に立ちますよ。って理解が深まりました。

広岡商事の新規企画室に務める新人社員 売多 真子(うれた まこ)が閉店寸前のイタリアンレストランをマーケティングで復活させていく為に色々な人に出会い、アドバイスをいただきながら奮闘させていく物語です。

名前が、ウケますが・・・物語の作り込みはかなり高くて、この物語だけでも1冊の本で出せたんではないかと思うくらいです。

 

マーケティングの根本が分かる

「そういえば最近、野菜不足だな・・・」と思ったアナタは何をイメージし、何を購入をするのだろうか?

ここで大半の方は、コンビニで野菜ジュースを買うか、サプリメントを買う事をするのではないでしょうか?これこそ、まさにマーケティングに影響を受けているといえます。

何故なら、「野菜不足」に対する解決策は「野菜を食べること」であるから本来なら、スーパーや八百屋へ行き野菜を買う事でしょう。それなのに他のイメージを連想してしまうのアナタの周りにある様々なマーケティングによって無意識の内に野菜ジュースやサプリメントを選択してしまうという事です。

顧客にとっての「価値」といっており顧客の欲求を満たす為に、マーケティングが必要であるといっています。マーケティングを行う事で「野菜不足」という顧客の欲求から「野菜を食べる」以外にも「野菜ジュースを飲む」と野菜不足が解消されるという手段を顧客に伝える事で野菜ジュースを買うという選択が増えるという事です。

これこそ、本書のタイトルになっている「ドリルを売るには穴を売れ」の通りマーケティングの本質であるという事です。アナタが工具のドリルを売っているとする。アナタにとっては売り物はドリルだが、顧客にとっては、ドリル自体でなくドリルで開ける「穴」に価値があるという事です。よって顧客は「ドリル」を買っているわけではなくて「穴を開けるための道具」を買っているのであり、売り手のアナタは「穴を開けるための道具」を売っているという事です。顧客に売る価値を間違えてはマーケティングは成功しないという事です。

マーケティングの根本から解説をしてくれていて具体的に、どの様な手法でマーケティングを行って行くのかが分かりやすく書かれています。

気になるアナタは、ぜひ本書を手にとってみてはいかがですか?

 

サラリーマンが仕事で役に立つおすすめビジネス書まとめました。30代サラリーマンブロガーのべべくん@bebekun999 です。 今回は、30代のぼくが仕事で本当に役に立った本を紹介していきま...

 

知らないと損!!ビジネス書・自己啓発本を読んで忘れない3つのコツビジネス書・自己啓発本を読んで内容を忘れない3つのコツを紹介していきます( ^ω^ ) 知らないと損!!ビジネス書・自己啓発本を読...