古典

古典を知りたい!『挑戦する勇気をくれる』論語から学ぶ3

論語から学ぶ3

今回は論語から『挑戦する勇気をくれる』言葉を紹介していきます。

自分で自分の能力を決めてしまって行動ができない人がいます。よく「こんな難しいことは自分にはできない」とか言ってしまう人を論語では自分に見切りをつけてしまうことはいけない事であると説いている言葉があります。

自分の能力を自分で決めるべきでないという事です。挑戦して出来ないならまだしも、やりもしないのに出来ないと見切りをつけない。

論語について知りたい方はこちらの記事から

論語とは?孔子という人物とは?最近、古典について学んでいます。 そこで、論語について学んだことを記事にしていきたいと思います。 論語読みの論語知らずになら...

『挑戦する勇気をくれる』論語から学ぶ

冉求ぜんきゅうわく、子の道をよろこばざるには非ず、力足らざればなり。子ののたまわく、力足らざる者は中道にして廃す。今なんじかぎれり。

論語 雍也ようや第六より

現代文訳

冉求ぜんきゅうが「先生の道を学ぶことを嬉しく思わないわけではありませんが、力が足りないのです。」と言ったので、先生はいわれた、「力の足りないものは進めるだけ進んで途中でやめることになるかもしれないが、今お前は自分から出来ないと見切りをつけているよ。」

最初から挑戦もしないで、自分から見切りをつけるな。ということです。

冉求ぜんきゅうわく

冉求は孔子の弟子の1人です。孔門十哲のメンバーでありエリート中のエリートでした。ただ、性格は温和で引っ込み思案なところがあるが多芸で政治家向きと言われた人物です。その弟子の冉求が尋ねたということです。

子の道をよろこばざるには非ず、力足らざればなり。

子の道は孔子の教えということです。「先生の教えを学ぶことについて嬉しく思わない事はないが」力足らざるなり「ただ自分の能力(力)が足りていないと思うのです」と孔子に冉求が尋ねています。

子ののたまわく、力足らざる者は中道にして廃す。

子の曰わく。先生はこう答えた。

力足らざる者は中道にして廃す。「力が足りない人物でも進めるだけ進みダメであれば途中でやめる」

なんじかぎれり。

今女は。「今のお前は」

画れり。見切りをつけている。「やりもしないのに、はじめから自分の力に見切りを付けてしまっている」

自分に能力がなくとも行動をして結果として成功しなかったとしても、最初っから自分自身の能力に見切りを付けて何も行動しない人間は本当にダメであると孔子は説いたんですね。

【まとめ】ビジネス書として役立つ中国古典が簡単に分かる!オススメの本も紹介!!中国の古典とは、変化の激しい時代を生きるための人間学と言ってもよいでしょう。 それは、骨太い知性としなやかな感性を磨き、豊かな表現力を...

最後に

今回は論語から挑戦する勇気をもらえる言葉を紹介しました。

挑戦をしない人が一番ダメだという事ですね。間違っても能力がなくて途中で果たせなかった人の方がよっぽど人物として優れているという事です。

自分自身に見切りを付けずに、まずは行動をしてみてはいかがでしょう?

論語についてオススメの入門書を紹介しておきます。

 

 

関連記事も興味のある方はぜひ、読んでみてくださいね。

論語の簡単で分かりやすい本は?難易度別に紹介します!論語に関する本って色々ありますよね。 しかし!論語を読もうと思っても、関連書が多くどれから手を出していいのか分からない・・・とお悩みの...
古典を知りたい!「温故知新ができて初めて人の師となれる」論語から学ぶ4論語から学ぶ4 今回は、温故知新について論語で述べられている言葉を紹介していきましょう。 温故知新おんこちしんとは古きを温め...
古典を知りたい!『自分で考える事が大切』論語から学ぶ2今回は論語から学ぶ2 自分で考える大切さを論語から紹介していきたいと思います。 孔子が生きた時代は今から2500年も前の話で...