小説

いなくなれ、群青 階段島シリーズ あらすじ内容 登場人物 まとめ

 

今回、2019年9月6日に実写映画化された【いなくなれ群青】の原作小説シリーズについて紹介していきます。

階段島シリーズとして現在6作刊行されており、ぼくは全て購入しています( ^ω^ )

いなくなれ、群青とは?

河野裕著の階段島シリーズの第1作目です。

捨てられた人が行き着く謎の孤島【階段島】で主人公七草とヒロイン真辺由宇(まなべゆう)が再会を果たした所から物語が始まる青春ミステリー小説です。

階段島とは?なぜ、彼らは行き着いたのか?

ネタバレ記事も書いています。

いなくなれ群青 ネタバレ 考察 原作

主な登場人物(いなくなれ、群青 時点)

七草(主人公)

柏原第二高等学校、一年生。

学生寮・三月荘で暮らす。

物事を悲観的に捉える。

真辺由宇(ヒロイン)

純粋でまっすぐな少女。

弱きを助ける正義の味方。

階段島で七草と再会する。

佐々岡

快活で人付き合いがいい。

七草と同じ三月荘の住人

七草と真辺のクラスメイト

コミュニケーションが苦手。

口数が極端に少ない。

水谷

七草と真辺のクラスメート。

クラスの委員長。真面目な仕切り屋。

時任

郵便局長。

七草に対して妙に馴れ馴れしい。

相原 大地

小学二年生。

原作の途中で階段島に迷い込む。

階段島シリーズとは?

現在6作が刊行されています。

6作目で完結の作品となっています。

1作目 いなくなれ、群青

2作目 その白さえ嘘だとしても

3作目 汚れた赤を恋と呼ぶんだ

4作目 凶器は壊れた黒の叫び

5作目 夜空の呪いに色はない

6作目 きみの世界に、青が鳴る

1作目 いなくなれ、群青

失くしたものは、何か。

心を穿つ(うがつ)青春ミステリ。

11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凜々しい少女、真辺由宇。あるはずのない出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎……。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。「階段島」シリーズ、開幕。

いなくなれ、群青についてはネタバレ含む記事を書いています。

いなくなれ群青 ネタバレ 考察 原作

2作目 その白さえ嘘だとしても

あの頃の僕らは、誰かのヒーローになりたかった。

 

クリスマスを目前に控えた階段島を事件が襲う。インターネット通販が使えない――。物資を外部に依存する島のライフラインは、ある日突然、遮断された。犯人とされるハッカーを追う真辺由宇。後輩女子のためにヴァイオリンの弦を探す佐々岡。島の七不思議に巻き込まれる水谷。そしてイヴ、各々の物語が交差するとき、七草は階段島最大の謎と対峙する。心を穿つ青春ミステリ、第2弾。

その白さえ嘘だとしてもについてネタバレ 記事も書いています。

その白さえ嘘だとしても あらすじ ネタバレ いなくなれ群青 続編 解説

傷つき、泣いて、僕たちは恋をする。

 

七草は引き算の魔女を知っていますか――。夏休みの終わり、真辺由宇と運命的な再会を果たした僕は、彼女からのメールをきっかけに、魔女の噂を追い始める。高校生と、魔女? ありえない組み合わせは、しかし確かな実感を伴って、僕と真辺の関係を侵食していく。一方、その渦中に現れた謎の少女・安達。現実世界における事件の真相が、いま明かされる。心を穿つ青春ミステリ、第3弾。

4作目 凶器は壊れた黒の叫び

君が求めたものは、夢か、幸福か。

 

新聞部の創設。柏原第二高校に転校してきた安達は、島で唯一の小学生・相原大地のために部活動を始めることを提唱する。賛成するクラスメイトたちだったが、七草はそれが堀を追い込むために巧妙に仕組まれた罠であることに気づく。繙かれる階段島の歴史と、堀が追い求めた夢。歩み続けた7年間。その果てに彼女が見つけた幸福と、不幸とは……。心を穿つ青春ミステリ、第4弾。

 

5作目 夜空の呪いに色はない

 

かつて子どもだったすべての大人たちへ

 

郵便配達人・時任は、階段島での生活を気に入っていた。手紙を受け取り、カブに乗って、届ける。七草や堀を応援しつつも、積極的に島の問題には関わらない。だが一方で、彼女は心の奥底に、ある傷を抱えていた……。大地を現実に戻すべく、決意を固める真辺。突き刺さるトクメ先生の言葉。魔女の呪いとは何か。大人になる中で僕らは何を失うのか。心を穿つ青春ミステリ、第5弾。

 

6作目 きみの世界に、青が鳴る

 

私の絶望は、きみがいなくなることだけだった。

 

真辺由宇。その、まっすぐな瞳。まるで群青色の空に輝くピストルスターのような圧倒的な光。僕の信仰。この物語は、彼女に出会ったときから始まった。階段島での日々も。堀との思い出も。相原大地という少年を巡る出来事も。それが行き着く先は、僕と彼女の物語だ。だから今、選ばなければいけない。成長するとは、大人になるとは、何なのかを。心を穿つ青春ミステリ、堂々完結。

 

随時、更新していこうと考えています!