人付き合い

【デートの誘い方を例に】伝え方のコツ 相手にイエスと言わせる方法・技術

今回は伝え方のコツをデートの誘い方を例に紹介していきたいと思います( ^ω^ )

結論は、相手の立場に立ってお願いをするという事です。

今回、参考にさせていただいたのはコチラ

今回のデートの誘い方以外にも、参考になる事がたくさん書いてありました!

伝え方には技術があります!

伝え方には、料理のレシピの様に技術があります!

伝える事が苦手だと、色々な事に支障が出てしまいますね。

ぼく自身も、苦手ではあるんですが練習・意識をする事で飛躍的に伝える力が上がっていきます。

思いついた言葉を人はそのまま伝えてしまいがちですが、まずは相手が何を求めているかを意識する事が大事です。

相手にYESと言わせる3つのステップ

ノーと言われる、お願いをイエスに変える技術があります。

簡単な3つのステップですので、みなさんも意識してみてはいかがでしょうか??

ステップ1 自分の頭の中をそのままコトバにしない

ステップ2 相手の頭の中を想像する(相手の立場に立つ

ステップ3 相手のメリットと一致するコトバを作る

ステップ1 自分の頭の中をそのままコトバにしない

気になる人をデートに誘いたいー。

自分の求めている事や、考えた事をそのまま口に出してしまっていませんか?

ストレートに自分の意見を口にして、うまくいく事もあると思います。

ただ、相手にイエスを言わせたいなら少しでも可能性を上げられた方がいいですよね?

好きな人に気持ちを伝える場面でストレートな気持ちを伝えることは、もちろん悪いことではないと思いますが、少しでも自分のお願いに応じてもらえた方が良いですよね。

まずは、思った事をそのままコトバにするのでは無く一旦、飲み込みましょう!

ステップ2 相手の頭の中を想像する(相手の立場に立つ)

一旦、コトバを飲み込んだら次に、自分が言ったコトバに対してどう考えているのか?・普段相手は何を考えているのか?・相手の頭の中を想像してみましょう!

例えば、あなたが気になる相手にデートして欲しいと思ったとします。

「一緒にデートしませんか?」

イエスとなりそうなら、そのまま伝えてしまう事も良いですが、一方で断られてしまう(ノーと言われてしまう)可能性があるなら、そのまま伝えてしまうのは危険ですね。

そこで、一旦相手の頭の中を想像しましょう。

何が好き?・何が嫌いか?・どんな性格?わかりうる全ての情報を思い出しましょう。

そこで例えば、焼肉が好きとか・新しいお店が好きとか。そういった相手の情報を思い出しましょう。

(誘う前に色々な情報を知っておくのが良いですね。恋人が居るとか

ステップ3 相手のメリットと一致するコトバを作る

最後に相手のメリットに一致するコトバを作りましょう。

大事なのは、相手のメリットに一致するコトバを作れば良いのです。

つまり、お願いを相手にイエスと言わせる伝え方ができれば、結果としてあなたの求めている事が達成できるのです(デートしたい)

「最近新しく出来た驚くほど旨い焼肉屋があるんだけど、一緒に行かない?」

この言葉には表に出てないコトバが含まれています。

「最近新しく出来た驚くほど旨い焼肉屋があるんだけど、一緒に行かない?(私とデートで)

あなたの目的は相手とデートをしたい事なので、結果として新しい焼肉屋に行く事でデートが出来ます。

相手のメリットになる事を伝える事でグッと目的を達成できる可能性が上がります!

100%いけるとは断言できませんが断られた場合には、あなたの日頃の行いを見直しましょう笑

 

最後に

やはり相手の情報を多く知る事が重要だと思います。

恋愛だけでなく仕事についても、相手を知った上でお願いを伝えるという事が重要です。

【彼を知り、己を知れば百戦危うからず】

中国の古典孫子の兵法ですね!

相手を知るという事が、いかに大事かを考えさせてくれるコトバです( ^ω^ )

 

 

関連記事も書いています