ビジネス書・自己啓発本

『メモで人生が変わる!?』メモの魔力の本を読んでのポイントと感想

「メモによって夢は現実になる」

今回紹介する『メモの魔力』の序章に書かれている言葉です。『夢をかなえるゾウ』というベストセラー本がありましたが、この本はまさしく『夢をかなえるメモ』です。そのためのメモの取り方について書かれています。

メモによって夢を現実にするための方法は『知的生産のためのメモ』を活用するということです。みなさんのイメージでメモと聞くと『記録のためのメモ』を思い浮かべるでしょう。ただ、その場で起きたことをメモる。ということです。「明日の13時から会議」・「ミーティングの結果」とかですね。2種類のメモというものがあるということです

『記録のためのメモ』とは事実(ファクト)のみを書いているだけです。

『知的生産のためのメモ』とは、事実に基づいて自分自身に転用するというメモです。これこそがまさに『夢は現実になる』メモなのです。

メモだといってあなどるなかれ。たかがメモ、されどメモ。本書『メモの魔力』はメモに関する思いこみを全く違う発想に連れていってくれます。ビジネスパーソンはもちろんのこと学生の方にもぜひ、手にとっていただきたい1冊です。

 

いま最も注目される起業家・前田裕二による渾身のメモ術! 

・メモで、目にする情報全てをアイデアに変える
・メモで、本当の自分を見つめ直す
・メモで、夢をかなえる
◎メモの魔力を手にした時、あなたは、何者にでもなれる。

〔巻末付録〕自分を知るための【自己分析1000問】

“僕にとってメモとは、生き方そのものです。
メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。
メモによって自分を知り、人生のコンパスを持つ。
メモによって夢を持ち、熱が生まれる。
その熱は確実に自らを動かし、人を動かし、そして人生を、世界を大きく動かします。
誰にでもできるけど、誰もまだ、その魔力に気付いてない「本当のメモの世界」へ、ようこそ”
(Amazonより引用)

メモの魔力ポイント

ただメモを取るだけでは意味がなく【事実(ファクト)→抽象化→転用化】という3つのステップをメモにする事が最重要だと本書では書かれています。

知的生産メモのための3つのステップ

  1. 事実(ファクト)
  2. 抽象化
  3. 転用化

この3つが大事です。本当に大事です。この3つのステップをメモで行うことで『知的生産のためのメモ』になるのです。私たちが普段行っているメモは、事実のみだと思います。

本書で出てくる例えとして『大阪でチラシを配る際に飴を付けて渡すと東京の3倍効果があった』という事実を聞きます。それを抽象化して『大阪人は東京よりも、直接目に見えるメリットの訴求に弱い』と気付かされ『自分が運営しているサービスも地域別の利用データを調べてみる』というメモをして転用化をしたという話がありました。

インプットをした事実をもとに、気づきを応用可能に抽象化し、自らのアクションに転用していくという事が最重要なポイントです。

具体的なメモの取り方

それでは具体的な『知的生産のためのメモ』の取り方に入っていきましょう。

ここでは3つのポイントを解説していきます。何となくイメージを持っていただけたらと思っています。詳しい取り方については『メモの魔力』をぜひ、読んでいただきたいです。とてもわかりやすく解説しています。

・ノートを見開きで使う

・4色のボールペンを使用する

・記号を使い分けてフラグを立てる

ノートを見開きで使う

※メモの魔力 P44・45引用

左ページ→ファクト(事実)を記入

右ページ→抽象化・転用を記入

ノートを片面でなく両面を使い、左ページにがファクトを記入して右側に抽象化したメモとそれについての転用化を書いていきます。

4色のボールペンを使用する

黒→ファクト(事実)。

緑→ファクト(事実)について主観的な感想。

青→やや重要な事。引用、参照。

最重要な事。

ポイントは緊急度でなく重要度で色分けを行う事。

4色ボールペンの色を使い分けます。あとで見返したときに一目で分かるようにするためです。

記号を使い分けてフラグを立てる

著者の前田裕二さんが実際に使用している記号が掲載されているので引用させていただきます。

※メモの魔力P65引用

何についてメモをしたのかを簡単に記号を使う事でグループ分けができます。

最後に感想

色々、解説をさせていただきましたが実際にメモの活用が全く出来ていませんでした。。。

しかし!!今回メモの魔力デザインのメモ帳と4色ボールペンが販売されるという情報を聞き早速、ネットで購入しました。

https://www.kinokuniya.co.jp/c/20190701100005.html

事実だけを書く『記録だけのメモ』しか書いたことがなかったボクですが、本書を読んで転用を意識した『知的生産のためのメモ』を書くようになりました。今まではただの事実だけしか書いていなかったので思考が停止していたことに気づきました。「あっ!これって何かに転用できないかな」と意識して物事を考えられるクセが付きました。

メモを取る姿勢を変えるだけで物事に対しての捉え方の視点が変わる。これこそがまさに『夢は現実になる』メモなのです。

べべくん
べべくん
Twitterでも仕事に役立つ情報を発信しています。フォローしていただけると嬉しいです!@bebekun999
30代サラリーマンがオススメするビジネス書『まとめ』 みなさんは、本を読みますか? 全国大学生協連(東京)は2018年2月の調査で大学生が1日の読書時間が0分と回答した割合が5...